大阪・兵庫・京都・奈良のホームページ制作、ECサイト制作、ランディングページ制作、WEB集客なら安心の「リエイト」へ

06-7662-8688
定休日 土日祝
受付時間 10時〜18時

homepage

ホームページ制作

ホームページ制作2017.09.04

ホームページ作成にサイト内検索が重要な理由とおすすめサービス

img

競合サイトのホームページを見ているとたびたび見かけるサイト内検索。使い方がうまいホームページは、ホームページのナビゲーションとしてとても自然に溶け込んでいるので、あなたも知らず知らずのうちに利用しているのではないでしょうか。ページ数が多かったり、データベース的な役割を果たすホームページにおいては、サイト内検索の存在は絶大な効果を発揮します。また、そうでないとしても、サイト内検索の存在がもたらすメリットは大きいものです。それでは、具体的にどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

ホームページにサイト内検索が必要な理由とそのメリット


・お客さまが求めている情報にアクセスしやすくなる

まず第一に挙げられるのがこの理由でしょう。
ホームページを制作する場合は、お客さまが目的の情報にたどり着けるために、周到にナビゲーションを設定する必要がありますが、サイト内検索をナビゲーションの一環として活用することで、グッと便利なホームページとすることができます。

・お客さまが求めている情報を把握しやすくなる

サイト内検索を利用する側に立っていると、なかなか気が付かないところではありますが、サイト内検索の利用状況は後から詳細に分析することが可能です。
サイト内検索で検索されてきたキーワードはあなたのサイトにおいてあなたのお客さまが望んでいる情報そのものなので、参考にしない手はありません。

Google等外部の検索エンジンにおいても、検索キーワードを取得できる場合は多いですが、たまたま引っかかっていてサイトのニーズから外れていたり、そもそもプライバシー保護の観点からキーワードをサイト側に連携しないケースが増え、確認が難しくなっているため、サイト内検索と外部の検索エンジンから得られるキーワードのデータは別モノとして捉えるのが望ましいでしょう。

無料で実装したいなら:Googleカスタム検索

サイト内検索を導入するにあたって、まず第一の選択肢に挙がるのがGoogleカスタム検索でしょう。

Googleカスタム検索
https://cse.google.co.jp/cse/compare

無料で利用できるので、サイト内検索がどのようなものなのか、自分のホームページでどのように機能してくれるのか、気軽にテストすることができます。

また、無料とは言っても、サイト内検索に必要な機能は一通り揃っています。Google検索の検索機能を応用しているので精度も抜群ですし、Google Analyticsと連携することでキーワードの解析も可能です。
むしろ、Google Analyticsの高機能さから考えて、有料サービスよりも詳細な分析ニーズに対応できるケースも多いことでしょう。

しかし、結局のところは無料サービスであるため、以下のような制限が発生する点には注意が必要です。

・ 検索窓や検索結果にGoogleのロゴが表示されるため、Googleサイト内検索を利用していることがお客さまや競合にわかってしまう
・ 無料版Googleカスタム検索ではGoogleからのサポートを受けることができないため、自身で調べて実装する必要がある。
・ APIを利用した詳細なカスタマイズをする場合、月間のリクエストに制限がある。


特に最後のデメリットは大規模なサイトにとっては致命的で、これらのデメリットを許容できない場合は有料サービスを検討することになります。

ちなみに、Google自身も、Google Site Searchという形で有料のサイト内検索サービスを提供していますが、2018年という近い将来にサービスの終了を予定しているため、選択肢に入れない方が無難でしょう。

有料で実装するなら

有料サービスでサイト内検索の導入を検討されているのであれば、以下のようなサービスが候補として挙げられます。

Advantage Search
https://search.appirits.com/

Sync Search
https://www.syncsearch.jp/

正直なところを言ってしまえば、Googleカスタム検索と利用できる機能に大差はないのですが、なんといってもありがたいのがサポートの存在です。

基本的には自社とサービス会社で契約を結ぶため、担当者の方と随時コミュニケーションがとれるというのは大きなアドバンテージと言えるでしょう。

利用方法の説明だけでなく、一般のサイト内検索では取り扱っていないような独自の機能を盛り込みたいといった際に、相談ができる存在がいるのはありがたい状況です。

自社ホームページの規模や予算に合わせて適切な選択を

サイト内検索を導入する際、無料サービスを使うのか有料サービスを使うのかは、あなたのサイトの規模感や予算を参考に決定すると良いでしょう。
サイト内検索を導入することで、どの程度の収益を得られるのかを試算してみて、黒字を維持できるのであれば有料サービスを検討するという流れが一般的です。
特に、Googleカスタム検索は無料でかなりの機能を提供してくれますので、しばらくはGoogleカスタム検索で運用し、収益の目処が立ってから有料サービスを検討するというのも一手です。

リエイト情報

株式会社リエイトでは、累計500件以上のホームページを制作してきた実績と信頼で
企業様のパートナーとして、課題を一緒に解決していきたいと思います。
ホームページのことで分からないことがあればリエイトへお気軽にご相談ください。
担当が丁寧に対応致します。

ディレクター担当:後藤 涼也
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
『ホームページを優秀な営業マンに育てましょう!』
株式会社リエイト 総合窓口
〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー 19階
TEL: 06-7662-8688 FAX: 06-7662-8701
Email: info@re-eight.com
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

関連記事

RELATED ARICLE

img