大阪・兵庫・京都・奈良のホームページ制作、ECサイト制作、ランディングページ制作、WEB集客なら安心の「リエイト」へ

06-7662-8688
定休日 土日祝
受付時間 10時〜18時

landingpage

ランディングページ制作

ランディングページ制作2016.11.13

ランディングページ制作の費用相場

img

ランディングページの制作って、普通の制作会社や、ただデザインできる制作会社ではランディングページの制作はできないのです。というのも全く作りが違うからです。

 

 

そんなランディングページの制作費用の相場ってどれくらいなの?という疑問に今回はお答えしていきます。

 

 

そもそも制作費用の相場ってどう算出するの?

 

制作費用の相場の算出方法ですが、これには特定の方法があるわけではなく
単純に相見積もりを実施することで算出できます。

 

相見積もりを実施する対象の制作会社の数が多くなればなるほどその費用相場の確度は高いということになります。

 

例えば、ランディングページ制作を5社に同じ内容で見積りをしてもらった場合、その平均値が20万円であれば、相場感は20万円という認識で大丈夫ですが、10社に見積りをしてもらい
平均値が30万円であればそちらの方が確度が高いということになります。

 

確度が高いということは、その平均値で出た金額がランディングページを作るにあたっての相場ということになります。

 

そして、その相場が出れば、あとはその金額に近しい金額を提示している会社と話を進めていく流れになります。

 

 

相場を知ることで得られること

 

相場を知ってどうするのでしょうか?という質問が来る前にお答えします。

 

正しい相場を知ることができれば、制作会社を選定する際に、算出された相場に近しい金額を提示している制作会社を選ぶことができます。

 

5社の平均が20万円で、提示している金額が5万円の会社と10万円の会社と20万円の会社と30万円の会社があった場合、相場が20万円に対して、5万円、10万円を提示してきた制作会社は怪しんだ方が良いです。30万円を提示してきた会社も少し高いのではと疑問に思ってください。

 

そうすると消去法で20万円を提示してきた制作会社に依頼することができます。

 

要は、正しい見積り金額を提示している会社は、仕事もきっちりしているので、その見分けをする際に相見積もりという方法で相場を算出することが重要ということになります。

 

まとめ

 

まとめますと、制作会社業界でのランディングページのおおよその相場は30万円~100万円といわれております。※幅広いですが、内容やボリュームによって大きく変わるのもランディングページの一つの特長でもあります。

 

制作会社業界では、高い相場感なのですが、事実10万円でも良いランディングページを作る会社もあるので、数ある制作会社の中でそういった会社を見つけられるかというのも鍵になります。

 

ただ10万円の場合は、相当内容がシンプルでないと時間工数的に合わないので、時間的な制約や物理的に考えると10万円でクオリティを担保するのは難しいということになります。

 

ですが、かなり優秀なクリエイターであれば可能かもしれませんね。

 

結果、お客様からするとできるだけ安い方が良いと思うので、最低でも5社は同じ内容で見積りをしてもらいましょう。そしてその平均値に近しい会社に依頼をしてみましょう。

関連記事

RELATED ARICLE

img