ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

集客のキモ!響くタイトルに利用できるキーワード6選

集客
集客のキモ!響くタイトルに利用できるキーワード6選

Webマーケティングにおいて、「タイトル」や「見出し」は非常に重要な要素となります。一般的に、インターネットユーザーは、ホームページ上に書かれているテキストを一言一句丁寧に読むことは少なく、タイトルや見出しを拾い読みする、もしくはタイトルや見出しを見てそのホームページを読むかどうかを決めていると言われています。そのため、タイトルにおいて、インターネットユーザーの興味を惹くことができなければ、そのホームページはそのインターネットユーザーにとっては存在しないのと同じということになってしまうのです。では、インターネットユーザの興味を惹くためには、どのようなタイトル付けをすればよいのでしょうか。実は、タイトルや見出しに入れることで、インターネットユーザーの反応率を高めることができる「マジックキーワード」というキーワードが存在しています。具体的にどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

無料

古今東西、老若男女、この「無料」という言葉には非常に強い力があります。
どれだけお金を持っている人であっても、できることならお金をかけずに何かをやりたいという願望は常にあるようですね。
このため、自分が提供しているコンテンツの中で、無料で提供できるコンテンツがあるのであれば、積極的にアピールしていきたいところです。
たとえば、無料資料請求であるとか、無料プレゼントであるとかという訴求が考えられます。

昨今のインターネットの世界では、無料で提供されているコンテンツが飽和状態となっていることもあり、以前と比べるとこのキーワードの破壊力も薄れてきているのではないかと個人的には考えています。
とはいえ、未だに一定の効果があるキーワードには違いありませんので、以下で紹介するその他のマジックキーワードとうまく絡めて活用していきましょう。

期間限定

「今しか手に入れることができない!」ということをアピールして、ユーザーに機会損失というリスクを回避させることを意識させる訴求の方法です。
大手企業等でも、キャンペーンなどを打つときによく使われる、鉄板キーワードのひとつですね。
インターネットユーザーは、店舗に訪れるお客さまと違って、とかくいつでも買える、いつでも利用できると思いがちです。
そして、そのまま記憶の彼方に葬り去られてしまったり、他の競合に奪われてしまったり…。
そうしたことを防ぐために、「今行動する」理由を与えるため、大変重要なキーワードが期間限定キーワードになります。

数字を盛り込む

訴求する内容に具体性を持たせることで、ユーザーが持つ商品やサービスへのイメージをより明確にする訴求手法です。
例えば、「数多くの実績!」などより、「7万件を超える実績!」の方が、イメージが明確にできる分、説得力が大きく高まります。
また、桁数が多ければ多いほど、インパクトが強くインターネットユーザーのイメージに残る傾向にありますので、文字数制限が許すようであれば、「7万件」と書くよりも、「70,000件」と書いたり、「有効成分10g配合」と書くよりも「有効成分10,000mg配合」などと書く方が効率的です。
近年では、ブログ記事のタイトルにも、「〇〇のための7つの方法」や「〇〇である7つの理由」など、うまく数字を盛り込んでインターネットユーザーの関心を惹く手法が盛んとなっています。

保存版・まとめ

インターネット上には、恐ろしく膨大な量の情報があります。
一昔前では考えられないぐらいの量の情報に、私たちは手元のパソコンやスマートフォンから一瞬でアクセスできるようになったわけですが、そのことにより、逆に発生したニーズがあります。
それは、「情報が多すぎてわからない!ある程度まとまった情報が欲しい!」というもの。
そのため、インターネット上において、「保存版」や「まとめ」といったキーワードは、閲覧しているユーザーに非常に強く響きます。

簡単・初心者向け・シンプル

あなたのホームページがたとえ専門的な分野の物事を扱っていたとしても、「上級者向け!」と訴求するよりは、「初心者向け!」と訴求する方が、インターネットユーザーの心理的なハードルを下げ、読んでもらいやすくなります。
もちろん、こうしたタイトルを利用する場合は、できるだけわかりやすくかみ砕き、初心者の方でもわかりやすいコンテンツ内容とすることが必要なのは言うまでもありません。

擬態語・擬音語

「ドキドキ」や「ドーンと」など、小難しい文章ではなかなか見ることができない擬態語や擬音語をうまくタイトルや見出しに盛り込むことで、ユーザーのイメージを高め、目を惹く内容とする手法です。
ただし、あまり使いすぎると安っぽい文章になってしまいます。
デザインの分野でも、タイトルや見出しのフォントサイズは大き目に、本文は小さめにすることでメリハリをつけたりしますが、これと同様に、ここぞというところで利用することで、メリハリが効いた文章構成を意識あうることが大切です。

タイトルを制する者は集客を制する

冒頭でも述べましたが、タイトルや見出しは、Webマーケティングを行う上で非常に重要な要素です。
リスティング広告を行うにしても、SEO対策をかけるにしても、集客を行った後にコンバージョンにつなげるにしても、タイトルや見出しでユーザーの関心を惹くことができなければ、いくら良質なコンテンツを用意していたとしてもあまり意味を為さなくなってしまいます。

逆に言うと、タイトルや見出しは少し改善するだけで、クリック率やコンバージョン率に大きな影響を与えることができる要素です。

タイトルや見出しに関しての施策は、優先度を高め、意識的に改善に取り組んでいきたいものですね。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.