ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

集客効率改善のためにGoogle Analyticsを開いた際にまず見たい項目とは

集客
集客効率改善のためにGoogle Analyticsを開いた際にまず見たい項目とは

 

ホームページの運用改善のために、アクセス解析ツールは非常に有用なツールです。そんなアクセス解析ツールのなかでも代表的なツールとして有名な「Google Analytics」。

 

導入されているホームページは非常に多いのですが、なかにはどのように見ればホームページの運用改善につながるのかがわからないという声もちらほらと聞きます。

 

ここでは、Google Analyticsを開いた際に、ここだけは是非見ておきたいという要素をご紹介いたします。

 

 

▼ どんなところから集客されているか?

 
ユーザーがどこから来ているかを把握しておきましょう。検索エンジンから来ているのか、メールマガジンから来ているのか、その他のサイトに張られたリンクを辿ってきているのかといったことです。

 

集客にあたって、どの集客経路が弱くてどの集客経路が強いのかを把握しておくことで、今後の集客計画が立てやすくなります。

 

 

▼ どんなページに集客されているか?

 
ホームページに訪れるユーザーは必ずしもトップページに最初に訪れるとは限りません。たとえば、生活用品全般を扱っているホームページで、実際に見られているのはシャンプーのページばかりだったというケースはよくあります。

 

こうしたことに気付かずに、シャンプーのページを放置してトップページばかりを改善していても結果に結びつかないのは自明の理でしょう。

 

 

▼ コンバージョンを阻害している要素はなにか?

 
コンバージョンがなかなか達成されないという場合、上記のふたつの軸から分析を行うとヒントが見えてくることが多くあります。

 

たとえば、検索エンジンからの集客でコンバージョンが多いのに広告でコンバージョンがほとんどないという場合、検索エンジンで集客されているキーワードを参考に広告のキーワードを見直せば広告経由でのコンバージョンも改善する可能性が高くなります。

 

また、先のように、トップページよりもシャンプーのページが多くの集客ができているのであれば、そのシャンプーのページの離脱率やページ経由のコンバージョン率をチェックしてみましょう。もしあまり芳しくない場合、トップページを改善するよりも、シャンプーのページの説明をより詳しくしたり、訴求を変えてみたり、関連ページへの導線を設置したりといった改善を行う方が効率が高くなります。

 

 

▼ 重要なのは数値からどのような仮説を導き出すか

 
アクセス解析で必ず覚えておきたいこととしては、アクセス解析が導き出した数字には「答え」が含まれていることはほとんどないということです。

 

「答え」が出てくるまで改善を踏みとどまっていると、いつまでたってもホームページの改善が進みません。重要なのは、数値から「こうではないか」という仮説を導き出し、その仮説に基づいた改善をまずやってみることです。

 

改善を行った後は、その効果を検証し、仮説が正しかったのか、行った改善は効果的だったのかを必ず確認するようにしましょう。

 

これを繰り返しているうちに、アクセス解析で得られる仮説の精度も高まり、ホームページの改善効率も徐々に良くなってくるはずです。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.