ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

【保存版】大手企業なども導入しているコンテンツマーケティングとは?

集客
【保存版】大手企業なども導入しているコンテンツマーケティングとは?

WEBの集客方法って年々に進化していますよね。

 

最近ではコンテンツマーケティングという手法が費用対効果抜群といわれており
大手企業、上場企業などもブランディング等で活用しているとのことです。

 

今回は、そんなコンテンツマーケティングについて解説していきます。

 

 

コンテンツマーケティングとは

 

コンテンツマーケティングって実際どういう手法なのか、簡単にご説明します。

 

名前だけ聞くと難しそうな名前ですけど、内容はシンプルです。

 

ものすごく簡単に言うと『ブログ記事を自社メディアで発信する。』これがコンテンツマーケティングの手法であり全てです。

 

少し高度な言い方になると『質の高いコンテンツ(記事)を、質の高い自社メディアで発信する。』というようになります。

 

では、質の高い記事とは一体どういう記事なのでしょうか。解説します。

 

質の高い記事とは、“記事タイトルおよび記事コンテンツ内のキーワードや文章をSEOの観点でGoogleが推奨する構成になっている記事”、“ユーザーにとって役に立つ情報などの優良な記事”

この2つを主に質の高い記事と表現します。
そして次に質の高い自社メディアとは一体どういうメディアなのでしょうか。解説します。

 

まず自社メディアとは、高度な言い方にすると『オウンドメディア』とも呼ばれ、記事コンテンツを発信するメディアのこと言います。

 

質の高い自社メディアとは、“ソースコードがGoogleが推奨するコーディングになっている”や“SEOを考慮したコーディングになっている”、“サイト構成を大カテゴリ、中カテゴリ、小カテゴリと細分化している”これらに当てはまれば質の高い自社メディアと言えます。

 

 

コンテンツマーケティングの仕組み

 

コンテンツマーケティングの全体の構図はどうなっているのか。を解説します。

 

 

コンテンツマーケティングの構図は簡単に表すと上記のような流れが成り立ちます。

 

ユーザーは、メディアへSNSや検索で流入します。そしてそこから興味を訴求するようなコンテンツを見て、問い合わせ(コンバージョン)する。このような一連のスキームをコンテンツマーケティングでは実現しています。これは従来のプッシュマーケティングではなく、プルマーケティングになります。

 

押し売りして売れる時代ではなく、いかにユーザーに取捨選択をさせて、数ある中から選んでもらえるか、選んでもらえるためにはどうするか、という考え方が主流になってきています。

 

スマホが普及し、常にインターネットが近くにあるからこそユーザーは選びたい放題な訳です。

 

そのような状況下でプッシュマーケティングばかりしているとユーザーから嫌われてしまう恐れがあります。ただプッシュマーケティングを根幹から否定はしておらずプルマーケティングとのバランスや扱っている商品などによってもプッシュマーケティングが必要な場面も出てきます。

 

コンテンツマーケティングの考え方的には、無理やり強要させるのではなく、ユーザーの取捨選択の候補にまずは選んでもらうためにはどうするかなどプル的発想で進めていく必要がありまうす。

 

また従来のマーケティング構図はプッシュしか知識がなかったのでプッシュをせざるを得なかった。

 


リスティングや純広告などでユーザーに機会損失を与えないよう露出度を増やし、マーケティングしていく手法が従来のマーケティングなのですが、こちらは短期的には向上するかと思いますが、長期的には難しいところがあります。

 

ですが、コンテンツマーケティングは、長期的な手法なので短期で売上など上げたい方には向いていないかもしれません。

 

 

コンテンツマーケティングの特長

 

コンテンツマーケティングの最大の特長は、何を言っても、“資産型”であります。

 

コンテンツマーケティングとは、優良な記事を発信していくということなので、発信した記事が
メディア上に資産としてストックされていきます。
これが一番の特長です。

 

何が特長かと申し上げますと、例えばコンテンツマーケティング開始1日目の記事が1年後に1万アクセス流入したり、要は記事がストックされている状態ですので、100記事発信すれば
100記事分の情報が1年経っても腐らないので、ユーザーはいつでもコンテンツマーケティング開始1日目の記事を見ることができるため、1記事で月間300PVとした場合、単純計算ですが、100記事書くと、月間3万PVになるわけです。ということは記事を増やせば増やすほどアクセスは伸びるという仮説が成り立ちますよね。

 

そういう具合で、記事を発信していくとそれが資産となり、1年後でも集客の糧となり稼働しているということになります。

 

これがコンテンツマーケティングの最大の特長であります。

 

 

コンテンツマーケティングの実施方法

 

コンテンツマーケティングを実施するにあたり、プロセスがあるので、そちらを解説していきます。

 

記事コンテンツを作成するにあたり大きく分けて3つの項目があります。

 

① 誰に伝えるのか
コンテンツマーケティングというのは、記事コンテンツを発信していくことを指しますが
そもそも誰に伝えるのか、が重要になります。
ターゲット層が、シニア層なのに、若い女子向けのコンテンツだとコンセプトからずれているのでまずはペルソナ設定をしましょう。

 

② 何を伝えるのか
伝える相手が明確になれば、何を伝えるかなども必然的になってきます。

 

③ どういう順番で伝えるのか
「誰に」、「何を」が明確になれば、どういう順番で伝えるかが重要になります。

 

 

大きく分けて3つの項目を細分化すると以下にようになる。

 

 

・ペルソナ設定
ターゲットを1人に絞り具体的なプロフィールを生成する。

 

・必要な情報を把握
ペルソナ別に必要な情報を把握する。
(例)どういう商品をどういうキーワードで検索するのか。

 

・カスタマージャーニーマップの作成
ペルソナ設定で、誰に、何を、が明確になれば、それをどういう順番で伝えるのかをマップ仕様で作成する。

 

・コンテンツマップの作成
カスタマージャーニーで作成したマップにどのようなコンテンツを掲載するのかを掲載していく。

 

・メディア選定
ペルソナが決まれば、実際にどのような媒体に掲載するのかを選定します。

 

・CTAの設定
CTAとは、お客様に取ってもらいたい行動を呼びかける(Call to Action)こと。例えば、資料請求してもらう、サービスの予約をしてもらう、というような行動喚起を意味します。ホームページ上ではダウンロードボタン、次のページへ遷移するためのリンクなどによって設定されるが、CTAをつなげてみて、最終的にスムーズに購買にまで結びつくのかどうかを試行錯誤しながら設計する必要があります。

 

・KPIの設定
CTAを計測可能な数値に置き換えたものをKPIといいます。KPIとしては、例えばアクセス数、ダウンロード数、滞在時間、検索による流入数等がありますが、コンテンツマーケティングにおいては、複数のKPIが存在します。そうなると計測も煩雑になるので、分かりやすく“アクセス数”をKPIとするケースが多いです。またフェーズごとにKPIを変えていく必要があります。

 

 

上記がコンテンツマーケティングの実施する際に知識として抑えてほしいポイントです。

 

 

コンテンツマーケティングの効果を加速化させる方法

 

コンテンツマーケティングの効果は、1年単位と長期戦になります。
短期的に効果を出すマーケティング手法ではなく、長期的にPDCAを回しながら
効果を実証していきます。

 

そんなコンテンツマーケティングなのですが、その効果を加速化させる方法があります。

 

それは『SNS』を絡めて発信していく方法になります。

 

コンテンツマーケティングの構図でも説明した通り、コンテンツマーケティングの基本的な流入口とは【検索】か【SNS】となります。

 

【検索】に対しての対策は、記事の質を上げるということと同じく、文章内のキーワードや役に立つ内容かどうかなどで対策していきます。

 

一方【SNS】の対策としては、まずSNSの中でも効果的なのがフェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブです。

 

これらを上手く活用できればコンテンツマーケティングの効果の実証も早くできるでしょう。

 

その方法を簡単に言うと、『拡散しそうな書き方や内容にする』ということです。

 

SNSとは、拡散機能がそれぞれあるので、あえて拡散しそうなコンテンツを発信すると
日本だけではなく世界中に拡散する可能性があります。

 

例えば、最近でいうと、【PPAP】ことピコ太郎もユーチューブ動画がきっかけであのジャスティンビーバーにSNS上で評価されたのです。さらにそこから火がついて、ユーチューブ動画再生回数世界第1位になり、世界ギネス記録にも認定されたぐらい爆速に拡散していきました。

 

コンテンツマーケティングとSNSを上手く絡めればとんでもなく加速するでしょう。

 

より具体的な活用方法はまた次回以降で解説していきます。

 

 

 

まとめ

 

コンテンツマーケティングは、一見シンプルな手法なのですが、知れば知るほど奥が深く
かつ効果的ということが分かります。
コンテンツマーケティングを活用して上手く集客してみてはいかがでしょうか?

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.