ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

ネットショップは安易な気持ちでしない方が良い

EC
ネットショップは安易な気持ちでしない方が良い

ネットショップというのは、軽視されやすく、簡単に商品が売れるイメージがどうしても強い。

 

ですが、決してそんなことはございません。

 

色んな課題が山のようにあるのです。

 

実店舗の場合、直接対面で商品を販売するため、立地、商品力、接客力、があれば売れる可能性が極めて高いと思いますが、ネットショップの場合、顔の見えない相手(お客様)をどのようにして購買意欲を高めて主体的に購入をしてくれるかという極めて難しいマーケティングスキルと販売側も接客ができないため、文章には細心の注意を図り、できる限り分かりやすい表現にしたり、デザインに関しても長期間同じデザインだとお客様は飽きるので、定期的に変えていかないといけません。こちらに関しては実店舗の場合、お客様はお店に入ると、そこまで違和感がなければあまり店内のデザインは見ません。実店舗の場合は、一度店内に入ると、とにかく商品を最重要という考えになるので商品力があれば売れていきます。

 

ネットショップの場合はそういうことにはならず、インターネットという何も発さない空間でお客様は色んなところに目が行きます。それがデザインだったり、文章、評価になります。

 

そういうのをお客様が細かく見て、最終的に購入するかどうかを判断するのです。

 

またこれについても大きく違うところかもしれませんが、実店舗の場合、お客様が店内に入り、気に入った商品があれば購買意欲的にすぐ購入しやすい環境だと思いますが、ネットショップの場合、スマホ一台ですぐ色んな店舗を見比べることができます。そうするとお客様の購入する際の選択肢が多くなり一度見に来ただけではなかなか購入に至りません。

 

ネットショップで購入されるお客様の傾向として、同じ商品ジャンルを5つほどの店舗を見て比較して購入するという購買意欲の前に、すぐに色んな店舗を見ることができるので、もっと安いのは無いか、もっと良いのは無いかという、より良い物を求める欲求が働きます。

 

ですので、実店舗よりネットショップの方が理論的には難しいと考えられます。

 

もちろん実店舗も立地を探す際のマーケティングなどもかなり難しいですが、それもリアルで目に見えるデータがあるので昨今ではそこまで難しくはないかもしれません。また最近ではセブンイレブンなどのコンビニの近くに店舗を出せば失敗はしないみたいな風潮があるみたいです。もちろん業種にもよると思いますが、確かにコンビニの出店戦略はものすごく考えられているというので、その方法も一理あるかもしれません。

 
 

まとめ

 

上記の内容からも分かる通り、ネットショップで商品を販売するということは並大抵のことではできません。事業として本格的に稼働している店舗でも売上を上げるのに四苦八苦しているのが現状です。

 

ただ、ネットショップの最大のメリットは固定費を最小限に抑えられ、かつ、全国のお客様に向けて商品を販売することができるので、その点においてはリスクではなくチャンスだと思いますので、チャレンジすることは良いと思います!

 

まとめるとネットショップをするな!ではなく、しっかり知識を蓄えた上でネットショップで販売した方が良いということをお伝えしたいということです。

 

それでは以上になります。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.