ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

楽天ショップで売上を上げる方法とは?

EC
楽天ショップで売上を上げる方法とは?

楽天で売上を上げるためには、色んな施策を打っていかないといけません。

 

楽天は現在10万店舗以上出店しており、その中で差別化要素を作って戦っていく必要があります。

 

差別化要素とは、『集客』『コンバージョン』という2つの要素のことを指します。

 

その差別化要素について今回はお伝えしていきたいと思います。

 

 

集客について

 

楽天での集客方法というのは、大きく分けて3つあります。

 

・商品数
・SEO対策
・広告

 

上記の3つが主に集客において必要と考えます。

 

もう少し詳細をお話しすると

 

商品数
商品数というのは、言わばページ数と一緒の考え方になります。
商品数が多ければ、その分ページ数も増えることになります。

 

ページ数が増えると、入り口が増えるのでアクセスが増えるということに繋がるのですが、
商品数を100から200に増やしただけでは、そこまで変わらないのですが、

 

最低でも1000商品登録すれば、アクセス数に変化が見えると思います。

 

いきなり1000商品というのはハードルが高いので、少しずつ増やしていきましょう。

 

SEO対策

 

SEO対策ですが、主に商品を登録する際に、『商品タイトル』『商品説明』にキーワードを適度に入れることで、SEO対策になると言われております。

 

微々たるものかもしれませんが、1000商品にしっかりキーワードを意識して入れれば目に見える形で変わると思います。

 

そして、楽天モール内でのSEO対策はもう一つありまして、それは『レビュー対策』になります。

 

楽天の検索アルゴリズムは定期的に変わるので確実性としてはやや低いのですが、今までの実績と楽天コンサルタントの発言によりおそらく検索アルゴリズムは変わるけれどもレビュー数はある程度評価されているのではと考えております。

 

ちなみに楽天のアルゴリズムの中には、1商品に対する販売個数、販売総金額なども評価されるみたいです。

 

ですので、レビュー数向上というのはSEO対策の一環ということになります。

 

それではレビューというのはどうすれば増えるのでしょうか?

 

方法としてはいくつかあるのですが、根本的には『企画力』がないと難しいと思います。

 

一例として、よくあるのですが『レビューを書いてくださった方にはもれなく○○をプレゼント』みたいな企画なのですが、例えばレディースアパレルのTシャツを購入しました。その商品を購入した方で『レビューを書いて頂ければ期間限定ブレスレット』をプレゼントします。という企画であれば、関連性がありレビューを書くことに抵抗がなくなり、プレゼント欲しさに書いてくれやすいということになります。

 

そしてこういう企画でお客様がレビューを書いてくださる確率は10人中3人が平均とのことです。

 

1000件レビューを集めようと思うと約3000人以上の購入者が必要になるという計算になります。

 

もちろんブレスレット代なども考えると利益は薄くなりますが、それよりレビューの方が圧倒的に大切です。

 

 

広告

 

広告については、楽天の場合、色んな広告を楽天コンサルタントから情報を仕入れて費用対効果などを聞き出し出稿するかどうかを決めるのですが、広告に関しては、水物ですので10万円かけてリターンが0円の場合もあるということだけ頭に入れておいてください。

 

ただ、そんな広告を出稿するにあたり少しでも費用対効果を良くするための方法があります。

 

・広告をかけるタイミング
→広告を出稿するにあたり時期やタイミングというのは非常に重要になります。
例えば楽天で定期的に行われる楽天スーパーセール後に広告を出稿しても、もちろんお客様は少ないですよね。スーパーセールでたくさん購入しているのですから。

 

雨の日が続く週や、梅雨の時期などは広告出稿には不向きな時期ですね。

 

ではいつが良いのか、広告掲載期間にもよりますが、1週間とした場合、火の夜から1週間かけた方が良いです。基本的にお客様がよく購入される曜日とは火曜日~土曜日の夜が多いとされており月曜日と日曜日は比較的少ない傾向があります。

 

 

・広告掲載場所
→広告掲載場所でオススメなのは、検索結果の上からPR商品が5つほど並んでいますが、その一番下の場所になります。

 

なぜかと言いますと、検索結果上部にあるPR(広告)商品ですが、背景に色が入っておりまして
その背景の色と通常のPR(広告)商品ではない商品との境目が際立つと思いますが、これが視覚的に目に留まりやすく費用対効果が高いと言われております。※あくまでも経験上のお話しなので確実ではありません。

 

 

・広告をかける商品選定
→広告をかける商品なのですが、とにかく在庫と粗利率と値引き率をしっかり考えた商品にしてください。
一番の理想は、広告で売上を上げようとせず、広告でレビュー数を増やすことが一番効果的です。

 

 

要は広告とは、一過性であり、広告をかけている間は売れるかもしれませんが、広告をかけなくなった途端に売れなくなりやすいです。それを解消するためには1つでも多く売り、1つでも多くのレビューを集めることになります。

 

 

ですので、広告に考え方は、売上を上げるためではなく、レビューを増やす企画の一部という考え方になります。

上記3つをしっかり考えてから出稿した方がより費用対効果が向上する思います。

 

 

 

コンバージョン

 

コンバージョンとは、アクセスに対しての購入件数のことを指します。

 

アクセスがたくさんあっても購入されないと意味がないというように、集客とコンバージョンをセットに考えるのが通例ということになります。

 

コンバージョン率を高くする方法ですが、『構成』『デザイン』を徹底すればコンバージョン率は向上すると思います。

 

まず構成についてですが、簡単に説明しますと、主に商品ページの構成のお話しなのですが

 

商品ページとは、上から最後購入ボタンを押してもらうようにお客様を誘導していかないといけません。

 

ですので、お客様がもっと知りたいなど興味を惹かせるような構成にしてあげる必要があるのです。

 

具体的な事例はまた今度解説しますが、いかに購入ボタンまで購買意欲を高めながらスクロールしてもらえるかを考えた構成が重要ということです。

 

そしてデザインについてですが、こちらも商品によりますが、親近感のあるデザインにする必要があります。例えば、ファッション関連であれば、モデルさんを起用して、これを買えばこういうモデルさんみたいになれるのでは、という購入したあとの期待感を持たせるようなデザインにする必要があります。

 

こちらも詳しくは今度解説します。

 

要はコンバージョンというのは心理学の要素も入っているので、消費者行動の知識も蓄えておいた方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

楽天で売上を上げる方法ですが、上記以外にも様々な戦略があると思うのですが、
また今度解説できればと思います。

 

まずはできるところから始めて、少しでも売上を上げれるよう日々勉強が大切です。

 

今回は以上になります。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.