ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

わかりやすいWebライティングを実現するための5つの心得

Webサイト
わかりやすいWebライティングを実現するための5つの心得

Webライティングの手法は大きく分けて、お客さまをホームページに引き込むキャッチコピーと、引き込んだあとにお客さまを説明して説得するボディーコピーの二種類に分かれます。

一般的に、インターネットユーザーはホームページを閲覧する際に流し読みをすることが多いと言われていますが、それは読む価値があるのかどうかを見出しで判断しているからです。見出しで読むと判断してくれたのに、ボディコピーがあまり読みやすい文章でなければ、お客さまには結局不満が残ってしまいます。

優先順位としては、タイトルや見出しの方に高いウエイトを置き、まずお客さまの目につくということが重要なのですが、目についてから読んでもらうボディーコピーについても気を抜かず、しっかりと仕上げたいものです。ここでは主に、Webライティングにおけるボディーコピーを書く際に覚えておくと効果的な心得をご紹介いたします。

心得1:結論を先に書く

結論を先に書くという手法は、日本以外の国では割と普通のことです。

結論を先に書くことで、お客さまにこれから何を説明しようとしているのか把握してもらうことができます。

もし、そこで読む必要がないと感じられたのであれば、読み飛ばしてもらって他のコピーで説得するぐらいの心持ちで十分です。

日本人は反論を恐れるあまり、まず最初に言い訳のような説明を先に行う習慣があるのですが、Webライティングの世界では反論が入って説明が中断される可能性はありませんので、思い切って結論を先に書いてしまいましょう。

心得2:一文はできるだけ短く

Webライティングにおけるボディーコピーは、書籍や新聞などの文章と比べると、お客さま環境に依存して読むのにエネルギーがかかる場合が多いです。
お客さまの負担をできるだけ抑えるために、一文はできるだけ短くすることを心がけましょう。

まずできることとしては、一度描いてみた文章を、区切ることができるポイントがないかを探してみることです。例えば、以下のような例が挙げられます。

悪い例

今日は雨が降っていて、バスがとても混んでいるが、早起きをしていたので、なんとかして始業時間に間に合わせることができた。

良い例

今日は雨が降っていて、バスがとても混んでいる。でも、早起きをしていたので、なんとかして始業時間に間に合わせることができた。

句読点をひとつ入れただけですが、ぐっとテンポのよい文章になったはずです。

心得3:難しい漢字は使わない

ほとんどの人が日常的にもビジネス上でもコンピューターを利用する時代となっています。パソコンやスマートフォンを介して文章を書くと普段は自分では書けないような難しい漢字が簡単に変換で入力できてしまうため、ついつい使ってしまいがちです。

しかし、難しい漢字はお客さまにとってはとっつきにくく、文章をテンポよく読んでもらうことの妨げになることの方が多いことを是非覚えておいてください。

心得4:読点を使いすぎない

ここまで、ちらほらと文章を読むときのテンポについて触れさせていただきました。

この読点を使いすぎないという心得も、読み手のテンポを阻害しないためのひとつの方法論です。

あまりに多い読点は、読み手の思考を中断させ、理解の妨げとなります。

正しい日本語の文章という側面で考えると、「ここには読点を入れるべき」というタイミングはあるかもしれませんが、お客さまは正しい日本語を求めているわけではなく、あなたの商品やサービスのわかりやすい説明を求めているのだということを忘れないでください。

基本的には、話していて息継ぎをしたくなるようなタイミングで読点を入れる形にするとよいでしょう。

心得5:あいまい表現を使いすぎない

あいまい表現とは、「〜と思います。」「〜と考えられます。」「〜といった可能性があります。」などといった、断定を避ける表現のことです。

もちろん、何でもかんでも断定すればいいというわけではなく、不確かな情報にはあいまい表現を利用した方が後々クレームなどに発展する可能性を減らすことができるのですが、こうした文章の書き方に慣れているとついつい不必要なタイミングであいまい表現を使ってしまいがちです。

心当たりがある方は一度ご自身の文章を読み返してみて、断定できる部分がないか探してみるとよいでしょう。

読み返してみて違和感がない文章が書けているかをチェック

さて、ここまで、Webライティングにおいてわかりやすい文章を書くためのコツをお伝えしてきました。

とはいえ、これだけ抑えておけば、読みやすい文章が書けるかというと、必ずしもそういうわけではありません。

実際にお客さまが読みやすいかどうか、必ず自信で読み返すことで確認を行うようにしてください。

書き上げた段階では自身では完璧だと思っていても、読み返してみると粗が目立つというのはよくある話です。

実際に自分の文章を自分で読むことにより、上記で挙げたような心得や、読みやすいテンポで書くコツなどが自然に身についてくることでしょう。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.