ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

コンバージョンは問い合わせだけじゃない!適切な効果測定のためのコンバージョンの設定

Webサイト
コンバージョンは問い合わせだけじゃない!適切な効果測定のためのコンバージョンの設定

 

コンバージョンの考え方は、ホームページ制作や運用上の評価基準として、非常に重要な考え方です。

 

私たちは、日々、このコンバージョンという数値をいかにして向上させるかを考えながら、ホームページ制作や運用を行うことで、ホームページを販促に活かすことができるのです。

 

 

 

 

▼ 問い合わせ以外に考えられるコンバージョンの例

 
さて、そんなコンバージョンですが、代表的なものとしては、「問い合わせ」というものがあります。問い合わせフォームの完了画面にアクセスされた回数をコンバージョンとしてカウントする方法で、商品成約に結び付きやすいリード客の獲得ができたという意味合いで、確実に補足しておきたい数値と言えるでしょう。

 

しかし、コンバージョンとして考えられるのは、何も問い合わせだけではありません。ECサイトであれば、商品購入ももちろんコンバージョンですし、リード客を集めるにしても、資料請求やメールマガジンの登録、セミナーへの参加等、さまざまなものが考えられます。

 

 

▼ コンバージョンを複数使い分けることも時には重要

 
ホームページ上におけるコンバージョンは、必ずしもひとつである必要はありません。ホームページを運用し始めた当初は、何がリード客を効率的に集められる手法かがわからず、さまざまな施策を打つことになるでしょう。

 

こうした際に意識しておきたいのが、その施策それぞれにコンバージョンを設定しておき、どの施策が有効なのかを後から把握できるようにしておくことです。

 

これをするのとしないのとでは、のちのち取るべき施策を選択する際の判断の精度に大きな違いが出てきます。

 

 

▼ マイクロコンバージョンという考え方

 
マイクロコンバージョンとは、本来達成したいコンバージョンに至るまでに、ユーザーが取るべき行動を数値化したもののことを言います。

 

例えば、ランディングページにおける資料請求をコンバージョンとして設定する場合、ランディングページへのアクセスがまず第一のマイクロコンバージョンと考えられるでしょう。そのほかには、資料請求フォームへの遷移数や資料請求フォームの入力などもマイクロコンバージョンとして取得しておきたいところです。

 

こうしたマイクロコンバージョンを細かく設定しておくことで、何が問題でコンバージョンを阻害しているのかを把握しやすくなり、改善施策を考案するのが非常に楽になります。

 

 

▼ 戦略的なサイト運用にコンバージョンの考え方は必要不可欠

 
コンバージョンの設定は、戦略的なサイト運用には不可欠な要素です。もっと言うと、コンバージョンの設定と言っても、単に他のホームぺージも設定しているからといって「問い合わせ」をコンバージョンにするというようなやり方ではなく、そのほかのコンバージョンやマイクロコンバージョンも視野にいれ、お客さまが成約するための道筋を可視化することが重要です。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.