ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

データを適切に伝えるために覚えておきたいグラフの使い方

Webサイト
データを適切に伝えるために覚えておきたいグラフの使い方

データを元にした提案は、なんの根拠もない提案と比較して、説得力が非常に高く、有利な結果に導く可能性を高めやすい手法です。
 
しかし、データを提示するといってもただ数字の羅列を提示するだけでは逆効果になる可能性すらあります。
 
データを提示する際は、そのデータをもって何が言えるのか、だからこういう結論が導くことができるという説明をロジカルに組み立てる必要があります。
 
このような説明を組み立てる際に、データが何を示しているのかをわかりやすく伝えるスキルは非常に重要なものとなります。
 
特にグラフの使い分けはそんなスキルのなかでも効果的なケースが多く、是非とも抑えておいていただきたい内容となります。
  

推移を伝えるべきものは折れ線グラフで

 
昨日と比べてこれだけ上がった、先月と比べてこれだけ上がった。
ここ最近の業績は右肩上がりなのかそうでないのか。
 
こうした推移を伝えるべきデータに関しては、折れ線グラフを利用するのが効果的です。
 
特に、日別や時間帯別など、粒度が細かくなりがちなデータは、折れ線グラフにすることにより一気に可視性を高めることができます。
 
ひとつひとつの数字ではうまく伝わらないような内容でも、折れ線グラフを作ることでほかの数字との関連性が直感的につかめるため、大量の数字を効果的に伝えることができるのです。
  

割合を伝えるべきものは円グラフで

 
ブラウザのシェアであるとか、男女比、年齢構成比などの割合を示すべきものは円グラフが適切です。
 
必要に応じて円グラフの一部を切り取り、そのなかでさらに細分化した円グラフを作るという活用法も考えられます。
 
注意すべき点としては、円グラフは割合を示したい項目が非常に多いと表示が細かすぎてみづらいグラフとなりやすいことです。 

実際に、エクセルを開いていただいて項目が10を超えるようなテーブルで円グラフを作ってみると、その見にくさに気づくことでしょう。
 
また、示したい割合が多すぎるがために、円グラフが大量に並ぶような資料も出来る限り避けたいです。
 
月別などの期間で区切って月別の割合を比較したいというような時に起こりがちな事態ですが、こうした場合は面グラフを利用してみるなど、ほかの工夫をした方が見やすい図表となることが多いです。
  

比較するべきものは棒グラフで

 
ある一定の期間において、リスティング広告の成果とSEOの成果を比較したいというような場合に棒グラフは便利です。
 
棒グラフの長さによって、直感的にどちらが優れているかを把握することができ、現状の報告の手段として非常に使いやすいグラフです。
 
しかし、これも円グラフと同様、あまりたくさんのグラフを並べるのは考えものです。
 
特に細かな粒度で推移を比較したいという場合は、棒グラフよりも折れ線グラフの方が適していることもあることでしょう。
 
複数の折れ線グラフを並べることで、過去は数字Aの調子は悪かったが、最近になって調子が出てきてこれまで主力だった数字Bと逆転したというようなことが棒グラフよりもわかりやすく表現することができます。
  

何を伝えたいかを考えて形式と集計期間を決めよう

 
ここまで、基本的なグラフとして3つのグラフを紹介させていただきました。
 
気をつけていただきたいのは、今回紹介した内容は主にこういう場面ではこうしたグラフを使うと効果的という一般的なお話であるということです。
 
自身がどういったことを伝えたいかということを考えれば、ここに書いてあるセオリーよりも適したグラフを選択する必要があるでしょうし、ここで紹介しているもの以外の種類のグラフを利用するのが適切な場合もあります。
 
セオリーを抑えつつも、より伝わりやすい表現はどのような表現なのかを常に考えるようにすることで、ビジネスにおけるコミュニケーション能力を高める一助となることでしょう。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.