ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

ホームページ制作のレギュレーションを作成するメリットと必要性

Webサイト
ホームページ制作のレギュレーションを作成するメリットと必要性

ホームページ制作の際に、何かと後回しになりがちなレギュレーションの作成。

 

ですが、もしそのホームページが、今後も長期に渡って運用され続けるものであることが想定される場合、レギュレーションがあるとないとでは、運用効率やクオリティに大きな差が生じてきます。

 

▼ レギュレーションで決めておいた方が良い項目

 
具体的には、以下のようなものをあらかじめ取り決めておくとよいでしょう。

理想としては、運用上出てきた課題を都度洗い出し対応を決め、レギュレーションに追加していくというフローを組み込むことで、より充実したレギュレーションの作成が実現できます。

 

・ カラーやフォントなどのトーンやマナー
・ ロゴの取り扱い方
・ 文言統一
・ altやtitleタグ、デスクリプションなどのルール
・ 対応するブラウザ
・ ディレクトリやファイルの命名ルール
・ 必ず実装するべき要素(トップへ戻るボタンやコピーライトなど)
・ サイトの目的・目標

 

 

▼ ディレクションの工数を大幅に削減できる

 
こうしたあらかじめ取り決めがされた文書があると、作業を行う人員にとっても作業がしやすいことはもちろん、チェックの際にも明確な判断基準として役に立ってくれます。

 

また、複数人でページを制作する際にありがちな、ページごとのイメージのばらつきもある程度抑えることができ、同じホームページのなかにページを追加するだけなのにイチからディレクションを行うといったような手間を省くことができるようになります。

 

 

▼ 引き継ぎの際にも便利

 
残念ながら、というべきなのか、Web業界は人材の流動性が激しい業界です。突然の異動や引き抜き、退職のために、引き継ぎを短期間で行わなければならない場面に遭遇する場合が多々あります。

 

そういった際に、こうした取り決めされた文書があれば、スムーズな引き継ぎを実現することができます。

 

 

▼ いざという時のためにレギュレーションを話し合っておきましょう

 
レギュレーションの作成は、最初こそ産みの苦しみがあるものの、後々いろんな場面で活きてきます。もし運用されているサイトで、まだレギュレーションを策定していない場合は、是非一度時間をとって作成してみることをおすすめいたします。

 
また、自社で運用するものではない場合や、短期間のみ使用する小規模なホームページを量産するようなスタイルの業務であったとしても、会社として、クライアントや上司に提出する成果物は最低限このラインはクリアするという意味でのレギュレーションもあると事業としてのホームページ制作も安定することでしょう。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.