ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

503エラーの原因を突き止め機会損失を減らそう

Webサイト
503エラーの原因を突き止め機会損失を減らそう

サーバー関係のエラーは、知識がない人にとってみれば解決方法を瞬時に見つけることができず、パニックの原因になりがちなものです。
 
サーバーエラーにもさまざまな種類がありますが、そんな中でも発生原因が多岐にわたり、対処方法が見出しにくいのが503エラー。
 
503エラーは、サーバーが高い負荷に耐え切ることができずに、適切なレスポンスを返すことができない状態です。
 
サーバーに負荷がかかる要因というのが一定ではなく、その都度サーバーに負荷をかけている要因を特定して対応していかなくてはならないのが、初心者にとって503エラーのハードルを高めている要因といえるでしょう。
 
しかし、原因がすぐに特定できないといっても、いくつかの傾向があることは確かです。
 
この記事では、503エラーが発生する理由をいくつか記載させていただきますので、頭に入れておいていただけると、いざという時の機会損失を最小限に食い止めることができるでしょう。
  

共用サーバーを利用している場合

 
レンタルサーバーの多くは、共用サーバーといって、複数の利用者でサーバーの領域を分け合って運用しています。
 
このため、今日で利用している誰かがサーバーに負荷をかけると、巻き込まれて自分のホームページまで503エラーが発生することがたびたびあります。
 
この場合のサーバー側の対処はサーバーを管理する企業によりさまざまです。
 
すぐにエラーに対処してくれるようなら問題となることは少ないのですが、アクセス不能の時間が長くなるような共用サーバーを利用しているようであれば、他のレンタルサーバーの借り換えや専用サーバーへの乗り換え、自社でのサーバー環境の構築などを検討した方が良いでしょう。
  

画像や動画の読み込みのため負荷がかかっている

 
サーバーに負荷をかける大きな要因のひとつが画像や動画の読み込みです。
 
画像や動画は一般的なファイルのなかでも容量が大きくなりがちで、転送処理をするサーバーにも負荷がかかるものです。
 
特に、画像や動画をメインコンテンツとして据えているホームページを運用しているのであれば、自分のホームページがどのくらいサーバーに負荷をかけているかを定期的に確認しておいた方がよいでしょう。
 
また、画像や動画に適切に圧縮処理をかけて、転送にかかる負荷を減らすような取り組みもおこなっていきましょう。
 
近年では、圧縮技術も進んでおり、クオリティを保ったまま容量を抑えることは容易になっています。あなたを悩ませている504エラーはほんの少しの手間で解消することができるかもしれません。
  

プログラムの処理に時間がかかっている

 
画像や動画と同様に、プログラムの処理もサーバーのリソースを大量に消費します。
 
特に、PHPやPerlなど、アクセスのたびにプログラムが走り処理をおこなうサーバーサイドプログラム言語を利用している場合は、特に注意が必要です。
 
近年よく利用されているWordpressにおいては、プラグインでお客さまに見せるページの内容をサーバーにキャッシュとしてストックしておく機能を追加することができます。
 
こうした機能を使ってみる、プログラムがサーバーに負荷をかけるような仕組みとなっていないかなどを確認し改善することで改善の糸口がつかめることでしょう。
  

しばらく様子を見て解決をみないなら適切な処理を

 
503エラーは、一時的なエラーであるケースが多く、発生したとしても時間の経過とともに自然に解決する場合が多いです。
 
しかし、あまりに頻繁に起こる、長い時間停止状態が続くといった場合はこの記事に書かれているようなチェックポイントを参考にしながら迅速に解決策を探した方が、機会損失を防ぐことができます。
 
また、ビジネスモデルとして、こうした短時間の停止でも許されないという場合や、ブランドイメージの毀損を防ぐといったレベルでサーバーの負荷について考える必要がある場合は、そもそも503エラーを予防するという観点でサーバーに負荷をかけるアクションを取らないということも心がける必要があります。
 
503エラーについて正しく理解し、対処方法を素早く特定できるようにしておくようにしましょう。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.