ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

ホームページを作ったは良いけど運営方法が分からない方へ

Webサイト
ホームページを作ったは良いけど運営方法が分からない方へ

ホームページがようやく完成してホッと一息できたのも束の間。どのようにして運営していけば良いのでしょうか?

という質問がかなり多いので、今回はホームページを作ったあとの運営方法をお伝え致します。

 

ホームページを作ったあとの運営方法

 

ホームページを作る前の段階で目的を決めたと思うのですが、その目的が例えばホームページを活用して集客し、自社サービスの売上を促進するために作ったと仮定した場合、ホームページを作ったあとの運営方法は自ずと見えてきます。要はホームページを作る前の段階で決めた目的が明確であれば作ったあとの運営方法もより明確化になります。これがまず運営の第一歩です。

 

 

今回は上記を目的と仮定した場合で話を進めていきます。

 

集客および売上促進のためとした場合、運営において何が重要かと申し上げますと
【更新】です。

 

とにかく更新することです。

 

集客というのは放置していてもできません。(当たり前ですが。。)

 

アクションを起こさないと集客できません。

 

それが広告であったりもします。

 

ですが、それは有料になるので敷居は高いですよね。

 

そこで誰でもできる更新をして頂きます。

 

それは【記事を書く】ということです。

 

記事の内容は特に指定はありませんが、例えば取り扱っているサービスがリフォームの場合、リフォームに関する役立つコラム的な記事を定期的に発信すれば良いです。

 

ここで重要なのが【役立つ】ということです。

 

役に立たない記事は書いてもあまり意味がありません。

 

役に立つ記事だから意味があるのです。

 

というのもしっかりとした根拠があります。

 

それはGoogleのアルゴリズムでは、優良なコンテンツ[記事]によって上位表示をさせるか否かを決める重要なポイントとしています。

 

優良なコンテンツであればあるほど上位表示の可能性が高くなるということです。

 

上位表示されると自ずと集客されるサイトになります。

 

そうやって記事を書いていくことが運営方法の主となるアクションです。

 

あとは定期的にページの中のデザインやバナーなどを変えたりして雰囲気を変えてあげればお客様も飽きずに来てくれます。

 

あと、記事の質についてですが、意外に記事を書くのって難しく素人の方では到底難しいですし、継続するのはもっと難しいです。そこで記事作成をアウトソーシング[外注]という手段を取っている企業様もございます。それぐらい記事を更新することが重要ということです。

 

 

 

まとめ

 

まずは、ご自身で記事を最低でも50記事ほど書いからアウトソーシングした方が良いと思います。ただアウトソーシングするだけでは意味がありません。発注する担当の方が実際に記事を書いて経験しないとアウトソーシングをコントロールできません。

 

ですので、記事を作成してから外注という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上になります。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.