ご相談・お問い合わせご相談・お問い合わせ 電話0120-800-804

採用に役立つホームページ活用術

Webサイト
採用に役立つホームページ活用術

ホームページの活用方法は様々です。受注数を増やすため、とにかくアクセス数を増やすため、ブランディングのため、店舗案内のため、ただ作っただけ、など様々です。

 

 

今回はホームページ活用方法の一つ『採用強化』についてお話していきたいと思います。

 

 

ホームページは採用に関しても、劇的な効果を出します。

 

 

まず初めに事例を基にお話を進めていきたいと思います。

 

 

 

【例】

 

とある通信系の営業会社で、採用に関してお困りということで何か良い施策はありますかという話です。そこでホームページを活用してみてはいかがでしょうか。という提案をしました。

 

 

するとホームページを活用して2つの効果を検証することになりました。

 

 

1つは『採用率』、2つ目は『応募数』です。

 

 

ホームページを活用して採用を強化するということを上記2つの強化を図ることができます。

 

 

具体的な方法を解説していきます。

まず最初に求職者の行動プロセスを紐解いていきましょう。

 

 

求職者というのは、求人情報の中に掲載されている企業を絞り込みで細分化します。

 

 

そして細分化された企業一覧から見出しタイトルや写真を見て、その企業についてもっと見るという行動を起こします。その中に掲載されている情報を見て応募する方ももちろんいらっしゃいますが、とある統計によると求職者のおよそ半分は気になる企業のホームページを見るという行動プロセスになっているとのことです。そしてホームページを見て、自分が働くイメージが出来れば応募するという行動プロセスが一般的です。

 

 

ここで気になるのが求職者はホームページのどの部分を見るのでしょうか?またどの部分が気になるのでしょうか?という質問がありましたので、それに答えるとすると

 

 

『何をしている会社』なのか、『会社の中の雰囲気』などを見ます。

 

 

求職者が応募する前に会社のことを知る方法としては会社説明会かホームページになります。

 

 

会社説明会に関してはただ説明するだけですので、社員同士の仲や雰囲気など日常は分かりません。ですが、ホームページではそれらを露出することができます。

 

 

例えば、仕事風景や先輩のインタビュー、スタッフの一日の流れ、など応募する前に会社の内部を知れば求職者も入社後をイメージして応募するかしないかを決めることができ、企業側も自分たちに合う人かどうかをそれらを露出することでセグメントすることができます。

 

 

上記のような情報をホームページ内に掲載することでより応募数を増やすことができ、かつ採用率もぐーんと上がることでしょう。

 

 

もっともっと言うとホームページというのを採用専門のホームページを作り、採用に関する情報を全て掲載することでより安心して求職者は応募することができます。

 

 

 

そういうような施策で『採用率』と『応募数』の強化をホームページで図るということになります。

 

 

 

【まとめ】

 

 

採用は企業にとって切っても切れない課題なので、今回ご説明した施策を十分に行い、より採用に力を入れて頂ければと思います。

ReEight MAGAZINE

いいねして最新情報をチェック!

矢印アイコン
無料サイト診断サービス

WEBサイトに関してお困りなことはありませんか?

私たちは制作だけではなく、SEO、マーケティング、ブランディング、など
WEBに関して総合的な知見を持ち合わせており、
WEBサイトを最大限に活用するためのノウハウを蓄積しております。
御社が抱えている事業課題を私たちならきっと解決できると考えています。

お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00

WEBサイトに関することなら
お気軽にお問い合わせください。

フォームでのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご活用ください。

メールご相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方や詳しく話を聞きたい方は
お電話ください。

電話
0120-800-804受付時間10:00〜18:00
サイトマップ プライバシーポリシー Copyright © re-eight.inc. All Right Reserved.